2016年09月28日

全国在宅医療テスト

9月中旬に全国在宅医療テストを行いました。

医療法人社団そよかぜでは、制度や仕組みについて更に知識を増やすべく
年に一回、全職員参加の試験を行っております。
勉強によって得た知識が、実際の業務で生かされ、患者さん・利用者さんのメリットに
繋がっていけるよう取り組んでいます。b20a9f1e44282661ffff824dffd97122.jpg


posted by そよかぜ at 10:28| 日記

2016年09月21日

お彼岸

先日の9月19日は彼岸入りでした。

ご存知の方も多いと思いますが。
彼岸には春彼岸と秋彼岸があります。それぞれ、春分の日(3月21日頃。その年により変動)、秋分の日(9月23日頃。その年により変動)を中日として、その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。

2016年のお彼岸
【 春彼岸 】 
3月17日:彼岸入り
3月20日:彼岸の中日(=春分の日。21日振替休日)
3月23日:彼岸明け

【 秋彼岸 】 
9月19日:彼岸入り
9月22日:彼岸の中日(=秋分の日。祝日)
9月25日:彼岸明け

春の彼岸を「彼岸」「春彼岸」と呼ぶのに対し、秋の彼岸を「のちの彼岸」「秋彼岸」と呼び分けることもあります。
お彼岸といえば、お供えものの定番「ぼたもち」や「おはぎ」が食べたくなります。
いずれも、もち米とうるち米を混ぜて炊き、適度につぶして丸めたものを小豆あんで包んだ和菓子ですが、違いはなんだろう?とふと思いまして、調べてみましたら
 
実は、基本的には同じで、季節によって呼び名や作り方が変わるのだそうです。
通称は「ぼたもち」。

おもちは五穀豊穣、小豆は魔除けに通じることもあり、日本の行事に欠かせないものだそうです。
また、今と違って昔は甘いものが貴重だったため、ぼたもちといえばご馳走で、大切なお客様、お祝い、寄り合いなどでふるまわれ、法要の際にも必ずお供えしていたので、「お彼岸にお馴染み」となったそうです。

筆者は甘党なので、おはぎが楽しみです。

秋分の日以降、暑さがやわらいで涼しくなります。
朝来市は朝晩が急に寒くなって、秋を感じさせる気候になってきた様に感じます。
体を冷やし過ぎないように気をつけて過ごしてください。
posted by そよかぜ at 09:14| 日記

2016年09月20日

台風接近

一昨日、日曜は小雨の降る中、近隣の小学校で運動会が催されました。

午前中は曇りだったのですが、昼から雨が降るだろうと見越して、
どこも、プログラムを変更しての運動会となったそうです。

今日は、台風が接近しており、明日にかけて激しい雨の予想だそうです。
突風による転倒や、物が飛んで来て怪我をする事もあります。
外出は控えて、怪我なく過ごしてください。
増水した川を見に行くなどの行為は必ず控えましょうね。
posted by そよかぜ at 10:10| 日記